ウイスキーの4つの飲み方と特徴

query_builder 2022/01/14
コラム
3

ウィスキーの飲み方については、いくつか種類があります。
そこで今回は、ウィスキーの飲み方をご紹介しますね。

▼ウィスキーの飲み方
ウィスキーの飲み方は、大きく4種類に分けられます。
ストレート・ロック・水割り・炭酸割りがあり、それぞれ特徴があります。

■ストレート
ストレートとは、グラスに何も入れずウィスキーのみを注いで飲む方法です。
最もウィスキーの味わいを楽しめます。
度数の高いウィスキーだと、チェイサーと呼ばれる水を準備すると良いでしょう。
チェイサーと交互に飲むことで悪酔いせず、美味しくウィスキーを頂けますよ。

■ロック
ロックとは、グラスに氷とウィスキーを入れて飲む方法です。
氷を入れることで冷たくさらに氷が溶ける分、時間の経過で味の変化を楽しめます。
ハーフロックと呼ばれる、最初から少し水を入れて飲む方法もあります。
自分好みにして飲むと良いでしょう。

■水割り
水割りとは、グラスに氷と水・ウィスキーを入れて飲む方法です。
水を入れることで飲みやすくなり、自分の好きな濃度にして飲むことができます。
また氷を入れない方法で、最初から最後まで自分の好きな濃度で飲むことが可能です。

■炭酸割り
水の代わりに炭酸で割って、ウィスキーを楽しむ方法です。
炭酸で割ることで飲みやすくなり、どんな食事にも合う飲み方と言えるでしょう。
ハイボールであればたっぷりの氷とレモンを入れるのが特徴で、すっきり飲むにはオススメです。
ハイボールは炭酸だけでなく、コーラやジンジャーエールなどで割る方法もあります。

▼まとめ
ウィスキーを飲む方法はいくつかあり、それぞれ味の特徴があります。
自分好みに変えて飲むことができることは、ウイスキーの魅力的と言えますね。
当店では自慢のウイスキーをメインに、種類豊富なドリンクをご用意しております。
美味しい料理と美味しいウィスキーを楽しみたい方は、ぜひご来店ください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2022/01/04
  • 居酒屋で食べられる名物料理について詳しく解説

    query_builder 2022/08/01
  • 居酒屋を貸切で利用する際のポイントについて

    query_builder 2022/07/15
  • 居酒屋に子供を連れていくことに関して解説

    query_builder 2022/07/01
  • 居酒屋が駅近のメリットとは?

    query_builder 2022/06/22

CATEGORY

ARCHIVE