牛肉の部位ごとにおすすめの調理方法を紹介

query_builder 2022/05/15
コラム
27

牛肉には様々な部位がありますが、それぞれの特徴を生かすことで最適な調理方法を見つけることができます。
多くの部位がありますが、今回はよく使用される部位を抜擢して紹介していきます。
居酒屋などでも、部位を把握することで美味しさも分かるので是非参考にしてください。

▼牛肉の部位ごとの特徴とおススメの調理法
■ネック
牛の首の部分である「ネック」は、運動量が多いため筋肉が発達している箇所です。
脂肪分は少なく、肉質は固い特徴があります。
スープやシチューなど煮込み料理にすると、濃厚なだしが出て美味しいです。

■肩ロース
ネックの近くにある「肩ロース」は、部位が大きく牛肉らしい味わいを楽しむことができます。
肉質も柔らかく程よく油が乗っているので、幅広い調理方法に適しています。
薄切りにすることで、しゃぶしゃぶ・すき焼きに最高です。

■サーロイン
ステーキの代表的な箇所で、背中の部分となり運動量が少なく柔らかい肉質が特徴です。
きめ細かい上質な油の旨味がある、最高の部位と言っても過言ではありません。
甘みもあるので、ステーキのように焼くだけで充分に楽しめます。

■ヒレ
希少部位でもある「ヒレ」は、サーロインの内側にあるものです。
牛肉のなかでも最も柔らかく、舌触りはまろやかで上品な味わいを楽しむことができます。
シャトーブリアンは、ヒレの一部で最も柔らかい部分です。

▼まとめ
牛肉には様々な部位がありますが、今回は「ネック」「肩ロース」「サーロイン」「ヒレ」を紹介していきました。
そのまま焼くだけでも美味しい牛肉ですが、肉質が固い部位は煮込むことで良いだしが出るので美味しいです。
当店は、千葉県市川市で本格ビストロ料理と居酒屋自慢のウイスキーを破格の安さで提供させていただいております。
気軽に立ち寄れる居酒屋を目指しておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2022/01/04
  • 居酒屋に子供を連れていくことに関して解説

    query_builder 2022/07/01
  • 居酒屋が駅近のメリットとは?

    query_builder 2022/06/22
  • 居酒屋を一人で楽しむには?

    query_builder 2022/06/15
  • 居酒屋がランチ営業する理由とは?

    query_builder 2022/06/08

CATEGORY

ARCHIVE